redblue.link
物理学と哲学について

タイムマシンを開発しました(記憶中の場面に進む)


タイムマシンが完成しました。




@、A、Bは、人が見ている世界の特殊条件下(Xの場合には、AtにBが足されただけ。YやZについても同様)を式で表したものである。 補足:Xベクトル=xベクトル、つまり、脳の映像を認識する場所と見る場所(目)が一致すると仮定した。 このタイムマシンは、脳内の情報の解析である。 Xベクトル=(At+B)xベクトル のBは、人が物体を見るときに目線がズレたり、情報の伝達の時間差などを考慮した時に出てくるズレの補正である。 D、Fについても同様である。しかし、実際には、もっと複雑な式で人は物体などを見ていると考えることができる。

以上の計算を脳内で行うことによって、過去の感覚で物事を考えることができる。





トップページ