redblue.link

 

自己紹介                                       


瀬古真也 Shinya Seko

経歴                                          

 

1988年生まれ

2008年 音楽を始める
2015年 名古屋大学工学部を卒業
2015年 絵画を始める
2018年 FUKUIサムホール美術展 入選
2021年 三重県の桐林館にて個展


私は当初、エンジニアを目指していました。
パソコンのすごさに感動し、これを作る仕事ができればいいのではないかと思いました。
2007年に大学に入学しましたが、
途中で、精神病を発症したため、卒業が危なくなりました。
しかし、なんとか努力することにより、2015年、8年かけて大学を卒業しました。
その後は、企業に行くとすると、
過酷なことになると死ぬ危険性もあると思い、自宅で休むことにしました。
少し休んだ後、企業に行くという手もあったのですが、
なぜかこの時、絵に取り組み、就職がどうでもよくなってしまいました。
病気の方は、あまり良くならず、入院と退院を繰り返す日が続いていきました。
1年以上入院することもありました。これが精神病の恐ろしさといえるでしょうね。
ところで、大学在住中は、音楽にも取り組んでいました。
大学卒業を目指すことにより、できた音楽のアルバムが、「夢の断片図」というものです。
この大学卒業前後で作った曲は、3曲くらいyoutubeで公開中です。
精神病の体験も踏まえて得られた絵本が、
当サイトに掲載されている、「平凡でない日々/音楽affection+画集」です。
他にも作ったのですが、うまくできた作品のみ販売することとしました。
私の病気は、薬を飲むのを中断すると、一気に、幻覚や妄想が出現してくる病気です。
その場合、入院となるのですが、このような体験を積んだ結果、
当サイトで販売している「平凡でない日々/音楽affection+画集」を完成させることができました。
描いた絵画の紹介
画集、絵本の販売


TOPページに戻る