redblue.link
物理学と哲学について

宇宙論(仮説) 2019年8月7日

宇宙の始まりは、電荷と物質のみであった。 電荷には、重力が働き、また、電場に影響され、物質にぶつかりまくっていた。 それにより、物質が砕け、色んな場所に物質が存在するようになった。 また、物質や電荷がぶつかり合いまくることにより、消滅し、核エネルギーが発生した。 そして、それは暗黒エネルギーとなった。

暗黒エネルギーとは、暗黒であり、核エネルギーとは、白である。

色んな場所に存在するようになった物質は、次第に惑星となっていった。 惑星では核エネルギーが発生しまくることによって、白っぽさを帯びている。

太陽のような巨大な惑星と他の惑星の間に万有引力が発生することで、太陽系とか銀河系を形成した。

トップページ